2014年6月

2014/06/02

安田さんを偲んで

2011年「バイクの免許を取得したので、走りに行こうよ!」と連絡が入った。
「どのバイクを買うのですか?」
「悩んでるんだよ! 教習所で乗りなれたCB400SFかな?」
「50歳手前で中型バイクなんて、ダメですよ!そんなじゃ一緒には走れません!」
「・・・・」
すると、次に連絡が入った時には
「BMW買ったよ!一緒に走ろうよ!」
ということで、八ヶ岳ツーリングに参加することになった。
初めての高速道路、初めてのマスツーリング、初めてのロングツーリング。
と初めて尽くしの安田さんは、朝の海老名SAで立ちゴケしてウインカーを折ってしまった。

 

2012年はバイクを降りて、車になった。
しかし、谷田部のオフロードイベントには職場のバイク好きな面々と参加してくれた。

2013年 憧れのハーレーへの憧れを胸にブルースカイヘブンに参加した。
ここで試乗した883に心奪われて、ICWに試乗に来ることになった。
私的には、安田さんにはスポよりダイナの方がお勧めしたかったので、
ストリートボブに乗って、試乗に同行した。ベイブリッジ下〜山下公園ルートを走った。
「これがハーレーか〜」と痺れまくっている安田さんに、山下公園前でバイクチェンジを申し出た。
スポとダイナを乗り比べてもらうためだ。
後半はダイナに乗って、ICWまで帰ってきたのだが、この時にストリートボブの購入が決まった。
2013/6/3 無事に契約をした。

2013/7/14-15
思い出の八ヶ岳に念願のハーレーで参加した安田さんは、側溝に脱輪してしまうなどのトラブルがあったが、楽しい思い出となった。この後ICW本隊と長瀞で合流してランチとなった。

2013/8/28
病気が発覚して、ひょっとするとひょっとするので、バイクを通じて知り合った仲間と飲みたい!という本人の希望で、「励ます会」をサリーブで行った。
復活してこのサリーブで飲むことを約束した。
その時は「安田記念」と題して開催することで参加者が同意をした。
ただし、万が一の場合は告別式の後、霊柩車をハーレーで先導して欲しい!と、冗談交じりに言っていた。

 

2014/6/2 17:30 肺がんのため他界

告別式は北海道で行うために、我々が合うことが出来るのは、6月4日の埼玉で執り行われるお通夜だけとなってしまった。
すると、ICWの梅ちゃんは安田さんのストリートボブに乗って、会場に向かった。
当時の形のままで安田さんに届けてくれたのだ。
ご遺族にも驚きと感動をもたらしたようだ。
これで、あの世に行っても走る回ることが出来るだろう!
いづれ、我々も順番にあの世に向かうことになるのだが、その際は色々なツーリングスポットに連れて行ってくれるだろう!

ご冥福をお祈りいたします。